女性から繰り返し会いたいと思われる仕組み

   

無料メールマガジン

女性から繰り返し会いたいと思われなければ、2回目のデートにもつなげることはできないし、KEEPすることすらも難しくなってきます。

 

逆に言えば、女性から会いたい!と思わせることさえできれば、デート先も誘い文句もありきたりなもので十分ってことです。

 

ただ、そうさせることをほとんどの男ができないから、頑張って誘い文句を考えたり、デートの行き先を考えたりするわけなんですね。

 

この会いたいという気持ちっていうのは、言い換えるとあなたの価値とも言い換えることができます。せっかくの時間をあなた一緒に過ごす価値があるのかどうかを判断されているわけですね。

 

あなたとの時間に価値を感じているのであれば喜んで相手の女の子は来るでしょうし、そうでなければNGを出してきます。あなた自身が価値を相手に提供できるかどうかというのは非常に大事になってくるわけです。

 

しかし、逆に言えば価値を感じさせることさえできれば、相手はあなたと一緒に過ごしたい!と思ってくれるわけです。誘いも簡単になってくるわけです。

 

「ラーメン食べに行かない?」

「映画いかね?」

「暇だから相手してくれね?」

 

こういうありきたりな誘い文句でも相手は喜んで受け入れてくれるわけです。

 

じゃあ、相手が感じる価値っていったいなんなのか?というと、簡単なのが「好き」という気持ちです。

好きという気持ちがある。→その人に会うと嬉しい楽しい幸せと感じる

 

赤文字のところが相手が感じている価値ってやつです。言い換えると、あなたが与えなければならない価値です。

 

これらを踏まえて会いたいって思う仕組みを簡潔に言い表すと、

 

何らかの理由で会う→会った時に好感を抱かせる→その好感があなたとの価値に変わるので、相手がもっと会いたいと思うようになる

 

って感じです。

 

要するに、最初に会って、そこで好感を抱かせる。そしてそれを相手の価値だと認識させるわけです。そうしたら相手は自分と会うこと=価値のある行為だと認識してくれるので、積極的に自分に会おうとしてくれます。

 

最初に会って、そこで相手に好感を与える。そしてそれを相手に価値として認識させる。

これは無限ループになります。

 

相手に価値を与えることを継続していけば、あとは怖いものなどないわけです。無限ループしていくので、意識するのはそこだけでよいわけ。

 

で、与える価値は、感情的価値の方が結果的に良いことだらけですよということを僕は言いたいわけです。

 

楽しいという感情でもいいし、嬉しいと思わせることでもいい。そういう、その人しか感じないであろう感情的な価値を相手に与えてくださいと僕は言いたいわけです。

 

相手に価値を与えることができれば、離されることのない唯一無二の男になれます。

意識してみましょう。それでは!

 

 - マインドセット, 彼女の作り方