君って本当に彼女がほしいの?実は違うんじゃないの?って話。

   

無料メールマガジン

彼女がほしいです!って人はこの世にたくさんいる。

 

彼氏がほしいです!って人もこの世にたくさんいる。

 

でも、お互いにつきあうことはなかったりする。それはなんでだろう?需要と供給の問題から考えれば、彼氏がほしい人のところに彼女がほしい人をポーンとなげればそれで成立じゃん。

 

周りにいないかい?ずっと彼女がほしいとか、彼氏がほしいって言ってる人。

僕の周りには腐るほどいた。そういう人に限って彼女ができないんだけどさ。

 

これはなんでかっていうところを真剣に考えてみた方がいいと思う。

恋愛について勉強する前に、自分が本当に求めているのは彼女を作ることなのか?ってことを考えた方が良い。

 

これをしっかり考えて、自分なりの答えを出せるようになると、ぶれなくなってくるから。それがいわゆる、自分の軸ってやつになってくる。

 

例えば、彼女がほしいって言っているそこのあなた。あなたは本当に彼女がほしいのだろうか?もしかしたら、彼女がほしいんじゃなくて、ただ幸せになりたい!と思っているのかもしれない。

 

可愛い彼女がほしい!って言っている君は、もしかしたら可愛い彼女を連れていることで、周りから認められたり、いいなぁと思われたいのかもしれないよね。

 

僕たち人間って優秀なくせに自分のことは全く分かってない生き物だから、自分で自分のことを理解してあげようとしないと、他人のことを理解しようなんて無理。

 

まずは自分の感情をコントロールしなければならないっていうのはそういうこと。

 

他人を理解するためには自分を理解しなきゃいけないし、他人をコントロールしようと思ったら、自分をコントロールしなきゃいけないわけ。

 

人間の行動はどうやって行われているのかって言ったら、それらをつかさどってるのはおそらくほとんどが感情だよね。

 

ロボットには感情がなくて、人間には感情がある。

 

だからこそ、その感情を理解して、それを踏まえたうえで行動できる人っていうのは絶対に離したくないし、誰からも求められる人間になる。

 

そのなかで、自分の軸があることによって、自分が本当に関わりたい人間とかかわることができる。そこを理解しなかったら、恋愛をしても苦しいだけだし、結局おんなじことを何回も繰り返すことになるだけだから。

 

彼女がほしいのか、それとも自分の欲求を満たしたいのか。

 

そこを自分で判断できないと、自分も傷つくし、相手も傷つくから。

 

ちゃんと関係性を築きましょう。自分のことを理解しましょう。そして相手も理解しましょう。

 

彼女がほしいなら、それなりの理由がないとね。

 

 - マインドセット, 彼女の作り方