童貞卒業指南書

童貞卒業指南書

童貞卒業指南書

童貞を最短で卒業し、女に困らない人生を送りたい人のために作られた2冊のレポート。

以前有料販売していましたが、完全無料プレゼントしています。

(メルマガ登録で受け取れます)

いい人だけどモテない男か悪いけどモテる男。どっちになりたいの?

目安時間:約 5分

俺は悪い男だ!!!!!!!

って、声を大にして言えますか?というか、自分のことを悪い男だと思っていますか?僕は自分のことをクズだなぁとつくづく思います。

 

だってめんどくさいことはしたくないし、面白そうなこととか、やりたいことだけして生きたいです。大学行きたくねぇ。よっしゃ休むかっていって休む、自分に甘いところもあります。会社行きたくねえーって言って会社休むようなもんです。ちょっと違うかも。

 

まぁ、僕が何を言いたいのかというと、「自分に素直に生きている」ということです。自分が今思っていること、やりたいことに対して素直に生きているということを伝えたい。

 

このマインドと、この姿勢こそが女性を引き付けるのだということを声を大にして言いたい。

 

良い子のままではいけないのです。

 

あなたは自分の言いたいことを言えていますか?

俺は今日はラーメンしか食べたくない!!!!!!!

 

ラーメンしか食べたくないときってありますよね。寿司が食べたい!!!!!焼き肉が食べたい!!!って思うときは誰にだってあると思います。

 

しかし、その時にあなたはそれを行動に移していますか?思い立ってすぐに行動していますか?口にそれを出していますか?自分に対してわがままに生きていますか??

 

モテる男は強引です。そしてわがままです。ラーメンが食べたい!!と思ったら、意地でもラーメンを食べます。頑固です。曲がりません。テコでも動かせません。

 

さぁ、僕がここから言いたいことは何かわかりますか?ちょっと考えてみてください。あ、くれぐれも、「自分勝手に傲慢に振る舞え」ということを言っているのではないので、そこは注意してください。さぁ、少し考えてみましょう。

 

自分の意見がある男たち

いい人!と言われる人にはなくて、悪い男!だと思われている男にはあるものがあります。

それは、自分の意見です。

 

モテる男には自分の意見があります。今日は遊びたいとか、何かを食べたいとか、絶対に自分の意見を持っています。それは、女性と接するときに、より顕著に現れます。

 

女性に対してちゃんとわがままが言えるのです。女性はリスクを取りたくない生き物です。ですから、男がいろいろなことを決めてくれると、嬉しいのです。リスクをとる必要がないからです。

 

さらに、わがままな男は、「次は何をしたいっていうんだろう」「どんなことを考えているんだろう」と、いい意味で女性を振り回します。力関係が完全に女性よりも上の立場になるのですね。

 

これは恋愛を上手に進めていくうえで、絶対に欠かせません。女性と関係を築いていくうえでも、男がリードするというのはとても大切なことなのです。

 

自分の意見を持っている男は、一般的に「悪い男」だと思われやすいです。しかし、あなたは彼らを本当に悪い男だと思いますか?多分そんなことは思ってないはずなんですよね。

 

自分の意見がある男は一目置かれる。

自分の意見がある男は、一目置かれます。これは事実です。自分の意見があるということは素晴らしいことなわけです。もちろん、時には相手とぶつかることもあるかもしれません。

 

しかし、女性との関係の中で衝突を拒んでいたら一生恋愛関係になんてなることはできません。

 

あなたは言いたいことが言えないからずっと「いい人」と呼ばれ続けるのです。そして、「あいつ遊んでそうだよねー」なんて女の子から言われている男が、影で女の子とイチャイチャしながら、「あいつほんと意気地なしだよなw」なんてあなたのことを笑っています。

 

恋愛は弱肉強食の世界です。強いやつが勝ちます。これを、肝に銘じておきましょう。

 

モテないけどいい人をこのまま続けますか?それとも、さっさといい人を抜け出して、女性から尊敬される男になりますか?その選択肢は常にあなたが握っているのだということを肝に銘じておきましょう。



pyuism~男と女の関係を支配し、女性を導く男になるためのメールマガジン~
メールアドレス 必須

 

 

総勢50人以上の女を口説き落とした最強の口説き術

ただいまLINE@を追加してくださった方には、僕が以前に有料販売し、大ヒットした最強の口説き術についてのレポートを期間限定で無料配布プレゼントしています。

 

スマホの場合は、以下のボタンをクリックすることで友達追加できます。

友だち追加

ページの先頭へ