女の子を傷つけてはいけないってことを知らないとモテない。

   

f:id:s-snowdrop-find-my:20170324135418j:plain

突然だけど一つ。

 

女の子は傷つけてはいけない。女の子を、モノとしてあつかっちゃいけない。

 

君はそんなこと知ってるわ!というかもしれない。けど、意外と女の子を傷つけない、モノとして扱わないということができている男は少ない。

 

女の子を正しくdisることと、傷つけることは全く違う。前者はコミュニケーションの一つの手段であり、うまく使うことで、話を盛り上げ、二人の関係を円滑に、そして良好にする。

 

しかし、後者は女の子を苦しませ、自己嫌悪に陥らせ、そしてふさぎこませる。同じように見えて、全然違うので注意が必要である。

 

女の子を傷つけるというのは、身体的にも、そして、精神的にもである。

もちろん、怒らなければいけないときは怒らなければいけない。ダメなものはダメというべきだし、いけないことをしていたら、本気で怒らなければならない。

 

しかし、そこで手をあげたり、精神的な攻撃をしてはいけないそんなものが一体何になろうか。

 

こういうことをする男は、大抵が女性はモノとして扱う。

相手の意見を尊重せず、自分の意見を主張する。そして自分の意見が通らなければ、怒り狂い、女性を非難する。

 

こういう男に、あなたはなっていないだろうか?

 

 

僕らは学校で恋愛について学ぶ機会はほとんどなかったはずである。

 

だから、世の中の本質については教えてもらえなかったし、男女の関係とは何たるものかは絶対に教えてもらえなかった。自力で見つけ出すか、それを知っている人に教えてもらうしか方法はなかったのである。

 

だから、知らなくてもあなたに責任はない。むしろ、こうやって恋愛についての本質を追い求めているだけでも他の男とは違うだろうと言い切れる。

 

街中で美人をみかけて、「あんな女の子をいつか・・・・!」と思う生活から、その女の子と毎日を過ごす生活にシフトチェンジするときが今なのである。

 

このサイトにきたからには、ぜひ、本質を学んでほしい。

 

この記事で僕が伝えたかったのは、女の子は傷つけてはいけないんだよというマインドである。これを持っていると、女の子に対して正しく優しくなれる。

 

この、正しく優しくというのは、媚びへつらうことではない。正しい優しさなのだ。それをもつことによって、あなたに対する女性の評価は変わり始める。

 

恋愛の本質はとても抽象的だ。なぜかというと、相手の女性が全員同じということはないからだ。僕らは人間なのだから、必ずしもどこか違うところがある。

 

だから、抽象的ではないと対応できない。それに、使いこなしづらい。本質は抽象的。これも覚えておくとよいだろう。

 

女の子は丁寧に扱おう。割れやすい卵を運ぶかのように。

しかし、そこにも厳しさは持たなくてはならない。自分の匙加減次第では、たまごを割れるんだぞという威厳も持たなくてはならない。

 

その両方を持ち合わせているものがモテるのである。

 

女の子に媚びへつらうのではなく、女の子に対して正しい優しさを持ち、女の子を傷つけない。

 

今日から意識してほしいと思う。

 - マインドセット, 恋愛の基本