正しく行動し続けたら、童貞卒業なんて一瞬だった・・・・。

   

無料メールマガジン

寒い。ただひたすらに寒い。

 

www.omoituki.com

 

前回の記事では女性と仲良くなるために1番大事なこととして、「感情への共感」ということを述べさせていただいた。

 

これは恋愛のみならず、普段の友達とのコミュニケーションにも十分に活用できるので、ぜひとも自分の中に落とし込んでいただきたいと思う。

 

そんなわけで、今日は僕がこの感情への共感の威力を思い知った話をしよう。

 

なぜ僕が、ここを徹底的に意識するようになったのか。そこからまず話したいと思う。

 

 

前にも話したと思うが、僕の恋愛においての人生が変わることとなったきっかけは、

こいつとの出会いだった。

 

きっとこいつに出会わなかったら、僕はおそらく今もなお童貞の、冴えない大学生のままだったと思う。

 

高校3年生の冬休み、卒業間際にこいつと出会って、本気でそこから恋愛の勉強に取り組み始めた。

 

そこにはたくさんのことが書かれてあったが、よくあるような、「〇〇をしたらモテますよ」とか、「〇〇さえすれば、女をGETできる!」みたいな、胡散臭いことは一切かかれていなかった。

 

そこに書かれてあったことは割とシンプルで、

 

「この教材を見てモテるわけねえだろ馬鹿タレ」

 

「行動するから結果が出るんだろうが。鼻くそほじりながらオ〇ニーしてたって何も変わんねえよ」

 

ってことが冒頭に書かれていた。

 

行動あっての結果

結果あっての成長

 

最初にそう書かれていたこの言葉を、僕はいまだに大事にしている。

 

要するに、何事も行動しなかったら変わらないのである。というわけで、ひたすらに自分を変えたい一心で行動し続けた。もちろん、今も行動し続けている。

 

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221203201p:plain

 

今日で丁度433日が経過したようである。これくらい行動し続けたら、人は本当に変われる。

 

高校までクソ童〇だった僕がここまで変われたのは、行動し続けたという背景があるのだ。

 

高校3年生の12月に

これを購入した僕は、ひたすらにインプットしまくった。約300ページあったが、最低でも10周は読み込み、書き写した。

 

そこで得た僕の1番の財産が、「感情への共感」ということなのである。

 

今までの僕は、話に共感するときに、表面上の出来事にしか共感していなかった。

 

相手の感情など何も考えず、ただ相手に起きた出来事にだけ焦点を当てて共感していた。

 

例えば、

 

「テストで100点取ったんだ!」→「へーすごいじゃん!おめでとう!」

 

みたいな感じ。

 

もちろん、これでも会話としてはなりたっているし、全然おかしいとは僕も思わない。

 

けれど、もっと仲良くなるために、もっと相手を知るためには、こういう共感ではダメなんだよね。

 

「テストで100点とったんだ!」→「すごいじゃん!めっちゃ嬉しかったでしょ?」

 

こういう風に、後ろの方に感情語(感情を表す言葉と僕の中では定義している)をつけてあげることが大事なのである。

 

相手が共感してほしいのは、「テストで100点をとったこと」ではなくて、「テストで100点を取った喜び、嬉しさ」なのである。

 

ここに気づけたことが僕の恋愛を大きく変えることとなった。

 

大学に入って、様々な新歓を回ったが、その中の一つにオールでカラオケがあった。

 

朝までカラオケだったので、みんなほぼ寝てしまっている。そんなわけで僕は他の部屋に遊びに行くことにした。

 

そこで一人だけ女の子が起きており、僕は成り行き上、その女の子と話すこととなった。

 

その女の子とは初対面だったため、最初にお互いに名前を教えあってから話し始めた。

 

名前は優とでもしておく。優はどちらかというと心配性な女の子で、大学生活が

不安だと言っていた。

 

ということで不安という感情にフォーカスを当てて話を進めていった。

 

僕が大学で初めて教材の内容を実践したのが、この4月の新歓である。

 

「どういうときに不安を感じる?恋愛でもそう?じゃあ、こういう時に不安になったりすることってよくある?」

 

こんな感じで話を進めていった。優は、「なんでわかるの?」といった表情で僕の方を見てきた。そこから話は朝まで続いた。

 

 

先にこの話の結論を言ってしまうと、僕は優をお持ち帰りすることができた。人生初めての経験だった。

 

「高校の時までは童〇で低カースト層だった僕でも、変わることができるんだ」

 

「感情に共感されることを人は求めているし、してくれた人に心を開くのか」

 

っていう成功体験と、知識を得たのもこの時。この経験は今でも自分の自信につながっている。

 

これが僕が感情への共感の凄さと、行動し続けることの大切さを自分で超実感したエピソードである。

 

この後にもいろいろと自信を持つきっかけとなった出来事はあるのだが、それはまた今度。

 

最後になるが、人はきっかけがあって、本気で行動し続けたら本当に変われると僕は思う。

 

僕にとってのきっかけはたまたま

こいつだったっていうだけだし、いろんなきっかけがあっていいと思う。

 

ただ、そのきっかけを踏まえて行動するのかどうかっていうのは結局自分次第だから。

人は本気で行動し続けたら変われるよっていう話でした。

 

 

Twitterやってます!良かったらフォローしてくださると嬉しいです!リプライくださった方はフォロバします!

 

@sizuhoso

 - 日刊オ〇禁日記