入学後の大学生の彼女の作り方を3パターンに分けて徹底解説する。

      2017/04/06

無料メールマガジン

そろそろ受験シーズンも終わりに近づいて、卒業シーズンへと切り替わり始めてきている。高校3年生なんかはもう大学生活に目が向いているんじゃないか?

 

「大学生になったら遊びまくってやるぜ!!!!」

なんて考えの君や、

「大学生になったら彼女ほしいなぁ」

 

なんて考えている君に、先に大学生になって彼女がいる僕から、大学生の3パターンの彼女の作り方を徹底的に解説しようと思う。この記事を読んで、最高のスタートダッシュをきってくれたまえ。

 

気合を入れて読んでくれたまえ。それでは行ってみよう!

 

 

 

 

1、王道。サークルで彼女を作るパターン

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221162429j:plain

 

 王道中の王道。おそらく、大学生の恋愛の中で1番多いパターンがこれだ。

サークルで出会い、付き合う。ほとんどの大学生がこのパターンだと思われる。ただし、比較的カーストが上位の人がかわいい子と付き合っていく傾向があるので、そこは要注意だ。

 

また、サークル内でももちろんスクールカーストのようなものは発生する。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221172211p:plain

 

サークル内では完全に、カースト上位層がかわいい女の子をバンバン狙ってくるので、カースト下位の男じゃなかなか対抗することができない。さらに大学では2回生、3回生と、大学生活をenjoyしてきた猛者共が、新1回生を食おう食おうと目をギラギラさせている。

 

サークルで先輩後輩が付き合うというのはよくある話で、僕の入っていたサークルも、大体同級生の女の子は先輩と付き合っていた。やはり大人に見えるのだろう。

 

サークル内では先輩も大きな敵となることを忘れてはならない。

 

さて、それを踏まえたうえで、解説に入ろう。

 

 

  1. スタートダッシュが肝心
  2. 連絡は最初のうちはこまめにとっておく
  3. 5回のLINEよりも1回の会話。接点を多く。

 

 

1、スタートダッシュが肝心 ~連絡先を聞きまくれ!~

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221173922j:plain

 

新しく大学生となって最初に行われるのが、新入生歓迎会(新歓)である。サークルに人を集めるためにこれらは行われており、タダでご飯が食べられる最高の時期である。新入生はほぼ全員がここでどこかのサークルの新歓に参加することになる。

 

ここで、たくさんの新歓に行って、多くの女性の連絡先を聞いておくことをおススメする。僕はここで、およそ90人の連絡先をGETした。初めの時期は、新歓のこと、授業のことなど、わからないことがたくさんある。「どこの新歓いくー?」なんて聞いてもいいし、「授業の履修組んだ?」なんて聞いてもいい。最初の時期は話題が豊富なので、なにかとLINEもしやすい。

 

そんなわけで、スタートダッシュをかけて連絡先を聞きまくっておくのが得策である。

ここでの頑張りが、後に響いてくるので、ここでしっかりと連絡先を増やしておくことをおススメする。

 

2.連絡は最初のうちはこまめにとっておく

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221181531j:plain

 

連絡は最初のうちはしっかりととっておくべきである。大学生になり、一人暮らしを始めたばかりの時は何かと不安なことがたくさんある。その際に、連絡をとれる友達というのは、女性からして超大事な存在だ。

 

僕は実際に、女の子の部屋に虫が現れたから助けてほしいという電話であったり、一人が寂しいから今日家に来ない?という誘いを何度も最初のころに受けた。母数が多ければ多いほど、そのような可能性は高まるのである。

 

実際に、僕の友達で女の子の部屋にゴキブリが現れた際に退治して、そこから仲良くなって付き合ったやつがいる。漫画のようなイベントが起こる場合があるのだ。連絡先を交換した女の子が、実はマンションの下の階の子で、ほぼ同棲状態になって付き合ったやつもいる。

 

なので最初は連絡先をたくさん交換して、こまめに連絡を取ることをおススメする。

 

 

3、5回のLINEよりも、1回の会話。接点を多く。

 

 LINEをこまめにやり取りするのも良いが、やっぱりリアルで話さなければ、その子を彼女にするなんてほぼ不可能に近い。LINEとリアルでの接触を繰り返していくことによって、その子に自分の存在を印象付けていくことが大事である。

 

こうすると無理に話そうとしたりするやつが大抵出てくるものだ。やめておけ。気持ちわる。。って思われたら、サークルではほぼ確実にgameoverだ。一つ悪いうわさが流れたらとどまることを知らない。あくまでも自然に関わる回数を増やしていこう。

 

 

大学生の初めのうちは、いろいろな友達に誘われたりすることが本当に多い。みんな最初は探り探りの状態なので、とにかく連絡先をたくさんGETすることをおススメする。大は小を兼ねるである。サークルの新歓をスケジュール化するなどして、効率よくいろいろな新歓に行くことをおススメする。

 

 

 

 

2、意外とレア。授業で彼女を作るパターン

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221183311j:plain

 

同じ授業の子が彼女になるというのは、意外とレアである。

何かきっかけがない限りは、同じ授業の子とそこまで親密になることはない。

 

 

ここで気を付けなければならないのが、初対面同士だと、そこから仲良くなるということはほぼないに等しいということである。大学での授業は、自分で授業を決められる一般教養というものと、元々決められている必修科目というものに分類される。

 

少人数で行われる授業ならまだ接点があるかもしれないが、一般教養の授業ではほとんど接点などない。よって、いかに最初に連絡先を交換して、お互いの顔と名前を把握できるかが大事である。

 

連絡を取り合っている場合はこのような流れで一緒に授業を受ける流れに持ち込める可能性が高い。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221185326p:plain

 

しかし、連絡先を知らない場合、最初の一回だけの接点では相手は憶えていない可能性がとても高い。よって、連絡先を交換しておくことはとても重要なのである。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221185421p:plain

 

一緒の授業で彼女を作りたかったら、最初にどれだけ頑張れるかが大きい。女子、男子ともに多くの連絡先を交換しておき、表面上だけでも友達を増やしておく。そうして、後できちんと友達を整理していけばよいのである。

 

最初に連絡先を交換しておかないと、後々苦労することが多くなる。なので、新歓時期にしっかりと連絡先をGETしておくこと。

 

 

3、バイト先の子を彼女にする

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170221190744j:plain

 

個人的には、授業が一緒の子を彼女にするよりも、こちらの方が可能性が高いように思う。現に、バイト先の女の子から告白されたことは2度あった。

 

バイト先では関係性が0になることと、カーストもそこまでひどくはないことが多い。また、他の大学の女の子がいたり、社会人の人や先輩など、それこそ多種多様な人たちがいる。アルバイトという立場なので、仕事ができる男になれば、何かと頼ってもらえる可能性も高くなる。

 

 

要するに、きっちり仕事さえできれば、良いイメージを自然と与えられるということである。また、バイトという関係上、何かと話す機会、接点がたくさんある場合が多い。

連絡先も、バイト同士で交換しないなんていうことは珍しいので、ほぼ確実に入手できるであろう。

 

かに道〇で働いている僕の友達は、男3人に対して、女性7人だと言っていた。バイトによっては職場が女性だらけということも十分にあり得る。チャンスはたくさん転がっている。

 

バイト先では、自分の通う大学ではない大学の人とも仲良くなれる可能性が非常に高い。他大学の友達も増えるという意味では、出会いのチャンスもまた広がるということである。そういった意味でも、バイト先で彼女を作るというのも手段の一つとしては充分アリだろう。

 

 

まとめ

 

大学で彼女を作るといったことはそれほど難しくはない。

しかし、今まで彼女ができたことがない人や、童貞、どちらかというと受け身な男性はなかなか彼女が大学でもできていない印象が強かった。

 

 

今言ったものに当てはまる人は、こちらの記事をぜひ読んでほしい。

 

www.omoituki.com

 

恋愛は経験から学ばなかったらうまくならない。積極的に学んでいってほしいものである。君の大学生活が彼女の存在によって楽しくなることを願っている。

 

 

 

 

 - 彼女の作り方