男にモテたいなら、男の持つ性的興味を受け入れなさい。

   

 

男は女性に対して、いきなり恋愛感情を持つことって意外と多くないんだよね。

 

恋愛感情の前に、性的興味を持つことが多いから。

 

男が女性に対して恋愛感情を持つ場合、ほぼ必ず、性的な興味を通過する。

 

性的な興味がきっかけで、その女性に興味を持って、その興味が深まることで恋愛感情に発展することが多いんだよね。

 

 

 

性的な興味を持つ

             ↓

その人のことを知ろうとする

             ↓

内面をよく知るようになる

             ↓

恋愛感情を抱くようになる

 

この4つのステップを踏んで、男は恋愛感情を女性に抱くようになる。

 

つまり、性的な興味を持ってもらえなければ、なかなか恋愛感情を抱いてもらえないっていうことなんだよね。

 

もちろん、他のパターンもあるよ。

完全に友達だと思ってた人と恋人になるパターンとか。

 

その女性の内面に触れて好きになるパターンだね。性的な興味を持たずに、その女性の内面に触れて好きになる。これは結構例外だったりする。

 

要するに、男にモテたければ、性的な興味を男に抱かせることが大事だということだね。

 

でも、多くの女性は、これを嫌うんだ。

「結局、男は身体目当てかよ。」

こう思う女性もいると思う。

 

でも、よく考えて欲しい。

 

僕たち人間の最終的な使命は、「子孫を残すこと」である。つまり、そこに「性的な欲求」というのは避けては通れないわけなんだよね。

 

そして、誰と子孫を残すかという問題は、非常に大事な問題になってくる。

 

きっと、これは納得してくれると思うんだ。

でも、1つ勘違いしないで欲しいことがある。

 

それは、「性的な興味を抱かせること」と、

「性的な興味を満足させること」は

全く別であるということだ。

 

先に性的な興味を満足させてしまうと、恋愛感情を男性が抱く前にその関係が終わってしまうことが多い。

 

男が満足しちゃうからね。

 

そうならないためにも、性的な興味を抱かせても、決して満足させてはいけないんだよね。

 

なかなか手が届かない。

もう少しなのに、届かない。

 

だからこそ男の感情も高まってきて、それが強烈な恋愛感情に繋がるわけ。

 

性的な興味は満たされる。

でも、満足感は枯渇している。足りてない。

この状態こそが、男を「本気」にさせて、「こいつが好きだ」という状態を生み出していく。

 

「小悪魔」と呼ばれる女性がモテるのも、この辺の心理を操るのが上手だからなんだよね。

 

もちろん中には、性的な興味を刺激することに抵抗がある女性もいると思う。

 

そういう人は、無理に性的な興味を刺激する必要は無いよ。

でも、男の性的な興味や欲求は生物としての本能だってことを理解することが大事。

 

だから、「男ってこういう生き物なんだな」って風に割り切って、男を受け入れられるようになっていけると、もっとモテるようになると思う。

 

ちなみに、性的な興味を抱かせるといっても、露出度の高い服を着ろとか、そういうことじゃないよ。

 

それは、男によってどこに性的な興味を抱くかは違うから。

胸に感じる人もいれば、お腹やお尻、はたまた鎖骨やメガネ、髪型に感じる人だっている。

 

匂いだってそうだよね。人それぞれなわけ。

 

だからこそ性的な興味を抱かせるのは難しいし、人それぞれ違うからこそ、恋愛って面白いのかもね。

 

 - 男にモテる方法