オナ禁に失敗した次の日の話・・・。

   

まず、言いたいことがある。

 

ズボンがたばこ臭い。本当にたばこ臭い。意味わからんくらいにたばこ臭い。だからめっちゃファブリーズかけたい。

 

でもファブリーズ取りに隣の部屋まで行くのめんどくさい。布団から出たくない。何もしたくない。いいや、このまま寝てよ。

 

これがオ〇禁に失敗した男の今である。

 

動くのがひたすらめんどくさい。あぁめんどくさい。こうならないためにもオ〇禁は上手に活用してほしい。

 

大事な試合の前。大事なプロジェクトの会議。超大好きなあの子とのデート前。先にその予定を見据えて、上手にオ〇禁を活用することが大事なんだと思う。

 

オ〇禁を4日で終えた俺が言うのもあれなのだが。

 

さて、最近日刊オ〇禁日記なんていうものをはじめてしまったおかげか、妙に自分の性生活について詳しく分析する癖がついてしまった。

 

自分の性生活を妙に見直してしまうのである。しかも、結構意識が自分の中で高まっている。

 


Think Wrong — コンセプトクリエイションの手法 | Hideshi Hamaguchi [濱口 秀司] | TEDxSeeds 2012

 

朝に見たTEDのせいだろうか・・。オ〇禁日記と書きながら、このブログを読んでくれている読者は、オ〇禁についてなんてそこまで知りたくないんじゃないか?なんて思うようになってきた。

 

なぜなら、男がオ〇禁するなんて極端な話、「女にモテたいから」じゃないか?

 

女にモテるということは、我々男の目標であろう。優秀な子孫を残すということは人類に掲げられた普遍的な目標なのであるのだから、イイ男になって、イイ女と子孫を我々は残すべきなのである。

 

そうやってイイ女と付き合うため、もしくは自分の好みの女の子と愛し合うための手段としてオ〇禁を使っているだけなのではないかと私は思う。

 

じゃあ、オ〇禁日記なんてやめて、自分自身がイイ女と付き合うためにはどうするべきなのかを考えた方が得じゃね?????というか、それこそがこの日刊オ〇禁日記の本質じゃないか??と考えてしまった僕はおそらくだいぶTEDに影響されている。

 

ThinkWrong.間違って考えろである。

 

note.mu

 

悲しいくらいにモテなかったスーパー地味高校生だった自分についてはnoteに書き上げたが、イイ女をGETするためには、まず自分が変わらなければならないのである。

 

そのための手段がオ〇禁というだけであり、本来ならば様々な手段があるはずなのである。

 

Twitterなんか見ていても、様々なそのための手段を発見することができるはずである。

 

 

 

 

 

 

彼らの文章や考え方を取り入れるだけでも本質的な「女にモテる」ということであったり、「カネを稼ぐ」というところは見えてくるのではないだろうか。

 

結局、行動するか行動しないかというところは重要ではあるとは思うが。

 

例えば、僕が高校カースト最下層から脱却できたのは、人生初めてのバイト代で買った一冊の恋愛商材だった。

 

–LOVE CONTROL SECRETS ~ラブコントロールシークレッツ~

 

いまでこそ変な情報商材屋が蔓延っているせいで情報商材は怪しいとか役に立たないとか言われていて、僕自身はとても悲しい。

 

なぜなら、僕自身の人生を変えたのはこの恋愛商材だったし、それは事実だったから。

 

f:id:s-snowdrop-find-my:20170217153501j:plain

 

 約300ページに及ぶこの恋愛商材を10回以上は読み、書き写し、何度も何度も実践したから今の俺があると思ってる。

 

自己投資って本当に大事。何に投資するべきなのか判断する眼は大事だと思うけどね。

 

というわけで、僕はこれから、恋愛についてすげえタメになることを書いてある記事だったり、有益なことをつぶやいている人をどんどん紹介していこうと思う。

 

少子高齢化だよ?母数の絶対値がどんどんこれから少なくなっていくんだよ?

 

のんきにのほほんとしてるけど、優秀な男たちに世の女性はどんどんとられていって、これから先男としての魅力がない人は本当に苦しい思いをするよ?いいのか?それで。

 

やはり男としてどうあるべきかってすごく大事。男としての魅力を爆上げしていこうぜ。ってなわけでバイト行ってきまっす。

 - オナ禁